ご挨拶

「どうして日本人は英語が話せない」のか?

「どうして日本人は英語が話せない」のか?

高校生になるころから、日常会話程度の英語を話すことができた私は、
「どうして英語が話せるの?」「どこに留学していたの?」
とよく聞かれてきました。
この質問に、私は長い間、違和感を覚えていました。
“日本人は英語が話せない”。
これは、どう考えても世界的に見て、不思議な現象の一つです。


疑問に徹底的に向き合って完成したプログラム

疑問に徹底的に向き合って
完成したプログラム

考えられる複合的な要因の中で、無視の出来ない大きな課題は、
日本の英語教育、英会話スクールの指導法にあると私は思っています。
「外国人講師神話」「聞き流し神話」
「インプット過多、圧倒的なアウトプットトレーニング不足」。
私が長年疑問に思っていたそれらの課題のすべてを
解消して出来上がったカリキュラムが、SEKAImeです。


“学ぶこと”そのものを楽しめるマインドづくりを大切に

“学ぶこと”そのものを
楽しめるマインドづくりを大切に

●●するだけ!毎日●時間!手軽に学べる!目標設定!など…。
確かに効率的な学習法で学ぶことや、目標設定は、
学習においてとても効果的です。
しかし、私は、学習において最も大切なことは、
学ぶ、その行為自体を楽しめるかどうかだと持っています。
子供でも、勉強が嫌いになった子どもは、
絶対に成績が上がらなくなります。
勉強を楽しめる子どもの成績は上がっていくのです。
知的好奇心、それは人間が普遍的に持っているものではないでしょうか。
その昔、アダムとイブが口にした禁断の果実は、
他ならぬ“知恵の実”だったくらいですから。
SEKAImeでは、学習そのものが楽しくなるようなマインド育成、
また生活に自然に英語が組み込まれていく工夫を凝らしています。


英語は簡単だという事実を伝えたい

英語は簡単だという事実を伝えたい

コミュニケーションの手段として「伝わる」ことをゴールとするならば、
英語を話すことはとても簡単なことだと、私は考えています。
しかし、未だに多くの人が英語を話したいという欲求を持ちながら、
習得できずにいる現実。
この不を解消したいと思い、このSEKAImeをスタートしました。
私自身、英語が話せることで多くの外国を旅して、
たくさんの出会いを経て、人生が豊かになったと思っています。
SEKAImeを受講することで、一人でも多くの日本人が、
英語を話し、世界をさらに広げてもらえたら幸いです。


最後に

最後に

もしも言葉が存在しなければ、私たちは、自分の感情すら
定義、認識できず、ましてやそれを他人に伝達することはできません。
その昔、人類は壁画として物語を紡ぎ、そしてあるとき、
地球上で同時多発的に言葉が生まれました。
誰かに何かを伝えたいと思う、その真摯な気持ち。
その想いが、言葉を作り、今の現代でも多言語となり
変化成長を続けています。
そして言葉を学ぶことは、その言葉を話す人々の
歴史や文化を学ぶことにつながります。
日本という、世界から見ると独特な世界観を持った
言語以外の言語を学び、話すことは、その人自身を成長させ、
想像もつかない場所や出会いへと誘う扉となってくれます。
私は、言葉の力を信じています。