Message
―――――開発者挨拶―――――

留学経験ゼロ。

留学経験ゼロ。

「どうして英語が話せるの?」
人生で何度も何度も、受けた質問です。日本でも旅先でも。
私は、帰国子女でもありませんし、
インターナショナルスクールに通ったこともありませんし、
留学経験もありません。
ですが私は、中学校の頃には、独学で英語を習得し、
自然と外国人とコミュニケーションをとることができました。

留学経験ゼロ。
学校英語に感じた「違和感」

学校英語に感じた「違和感」

英語を話すことができた私ですが、その後、中学高校と、
学校で英語を「習い」ました。
そこで強烈な違和感を覚えたのです。
「これは私の知っている英語とは何かが違う」。
日本の英語教育は間違っていると耳にしたことがある方は
多いかもしれませんが、まさにその問題点を、私は肌で実感したのです。
「こんなふうに勉強しても、英語を話せるようにならないのでは?」
そう感じた私の予測通り、
私の通っていた高校は県下でも有数の偏差値の高い進学校で、
私はインターナショナル部という英語を話す部活動に入っていましたが、
私以外に、流ちょうに英語を話せた生徒は少なかったことを覚えています。

英語を話すには「コツ」が必要

英語を話すには
「コツ」が必要

その後私は、津田塾大学英米文学科へ進学し、
専門的に言語学の観点から英語を学びました。
しかし私は、ここでも不思議な現象に出会います。
私は、それほど優秀な学生ではなかったので、
成績は中の下くらいだったと記憶しています。
(現実にはもっと下だったかもしれません)
しかし、実際にネイティブスピーカーの講師と話す
スピーキングのクラスでは、
私はとても上手に英語でコミュニケーションができ、
逆に私よりもペーパーテストがずっと上位の学生が、
英語をスラスラ話すことができず苦戦していました。
「模試やテストでは成績がいいのに、会話となると、口から英語が出てこない」
これも、日本人によく見受けられる特徴です。
私はこの頃から、英語を話すには、
ある「コツ」があることを確信していました。

英語を話すには「コツ」が必要
ビジネスマンが感じる「英語の必要性」

ビジネスマンが感じる
「英語の必要性」

大学を卒業した私は、大手広告代理店に就職したのですが、
英語が流ちょうな同僚の数は少なく、
私が英語を話せるとわかると、皆口をそろえて
「英語を話せるようになりたい」と話していました。
実際に英会話スクールに通っていたり、
オンライン英会話で勉強したり短期留学をしている人も多かったですが、
結果は芳しくないと語る人が多かったと記憶しています。
そして皆「どうやって英語を勉強したらいい?」と私に聞いてきました。

日本人の平均英語力は最低レベルという現実

日本人の平均英語力は
最低レベルという現実

そもそも「英語が非母国語の国で日本人の英語力は、低い」と
様々な調査結果に表れています。
スイスの研究教育機関IMDが毎年発表している「世界競争力ランキング」では
「語学力(language skill)」では61か国中60位と、
かなりの低評価になっています。
TOEFLの平均点数で見た場合、
日本人はアジアの主要国中で「最下位」クラスに属します。
英語習得において大きく出遅れています。
韓国は18位中国23位、日本は30位です。
アジアで日本は18位中15位というさんざんな結果です。
(TOEFL2015年実施結果受験者平均点より)。

日本人の平均英語力は最低レベルという現実
日本人が英語を話せない本当の理由

日本人が英語を話せない
本当の理由

どうして日本人は英語を話すことができないのでしょう?
”日本人はまじめでミスを恐れている”
“シャイだから話すことができない”
という「メンタルブロック」を英語力向上の壁と
考えている方はいらっしゃいませんか?
これは「日本人が英語を話せない主な要因」ではありません。
この考えから、「ネイティブ講師との会話量で英語力をあげる」という
英会話スクールを目にしますが、私はこの考えには反対です。
一定の英語力が付くまでの海外への短期留学にも、私は反対です。
一定の英語力を養う前にネイティブと話す時間を増やしても、
海外へ行っても、英語を話せるようになる方は少ないでしょう。
なぜなら、“日本人が英語を話せない理由”は
メンタルブロック以外に大きな要因があるからなのです。
私の考える
「日本人がほかのアジア各国よりも英語を話すことができない」要因は2つ。
ひとつ目は「英語学習時間量が圧倒的に足りない」。
2つ目は「日本語と英語が、言語として根本的に違っている」
ということです。

必要な勉強時間を必ずクリアできるトレーナーの存在

必要な勉強時間を必ず
クリアできるトレーナーの存在

母国語ではない言語を習得するには一定の勉強時間を
確保する必要があります。
その時間を理解したうえで、学習計画を立て、
勉強の習慣がつくまでの学習時間確保をSEKAImeはサポートします。
そのために、SEKAImeは
専属トレーナーによるマンツーマン伴走型、
LINEを使った宿題チェックシステム、
年中無休の質問回答制度などを駆使して、
短期間での必要な勉強時間の確保を実現させています。

必要な勉強時間を必ずクリアできるトレーナーの存在
日本人が英語を話せない決定的な理由に着目

日本人が英語を話せない
決定的な理由に着目

日本人が英語を話すことができない最大の要因は
「日本語と英語の言語差異」です。
文法上、語順が逆ということだけではなく、
英語と日本語には言語学上、決定的な差が存在するのです。
私は、その「差」に着目し、日本語が母国語の日本人が、
頭の思考回路を「日本語脳から英語脳へ切り替える訓練」を積むメソッドを、
2年ほどかけて作り上げました。

日本の英語教育を信用しないで

日本の英語教育を
信用しないで

日本の英語教育、英会話スクールの指導法の多くは、
私の目から見ると詐欺に近い。
根拠のない「外国人講師神話」「聞き流し神話」。
「インプット過多、圧倒的なアウトプットトレーニング不足」が
顕著なカリキュラム。
私が長年疑問に思っていたそれらの課題のすべてを
解消して出来上がったカリキュラムが、SEKAImeです。

日本の英語教育を信用しないで
英語を話すにはコツがある

英語を話すにはコツがある

この「コツ」をSEKAImeでは納得性高くレクチャーし、
トレーニングしていくことで3か月で「英語脳」を
手に入れることができるプログラムとなっています。
英語をスラスラと話すために、
核となる日本語脳の我々が英語脳へと変換するための
レクチャーとプログラム。
ぜひ、SEKAImeメソッド体感会で体験してみてください。

英語力は国際化時代に必要不可欠

英語力は国際化時代に
必要不可欠

「英語格差」に関する意識調査によると、
人事関係者の約半数が「英語能力による収入の格差」
を感じているといいます。
さらに、「英語力の習熟度による昇進スピードなどの格差」は、
30代が最も多く実感していることが判明しています。
就職や年収に関連するだけに限らず、
英語力は人生そのものを豊かにしてくれます。
私自身、英語が話せることで多くの外国を旅して、
様々な経験をして、外国人の友人にも恵まれ、
人生が豊かになったと実感しています。
SEKAImeを受講することで、一人でも多くの方が英語を話し、
英語を翼としてステップアップしていただけたら幸いです。

英語力は国際化時代に必要不可欠
外国語を学ぶことは大切です

外国語を学ぶことは大切です

もしも言葉が存在しなければ、私たちは、自分の感情すら定義、
認識できず、ましてやそれを他人に伝達することはできません。
その昔、人類は壁画として物語を紡ぎ、そしてあるとき、
地球上で同時多発的に言葉が生まれました。

誰かに何かを伝えたいと思う、その真摯な気持ち。 その想いが、言葉を作り、
今の現代でも多言語となり変化成長を続けています。
そして言葉を学ぶことは、
その言葉を話す人々の歴史や文化を学ぶことにつながります。
日本という、世界から見ると独特な世界観を持った言語以外の言語を学び、
話すことは、その人自身を成長させ、
あなたを想像もつかない場所や出会いへと誘う扉となってくれます。

Profile
開発者

Erina Tanaka
1984年 愛媛県松山市生まれ。

  • 実家は商店街(銀天街)の輸入雑貨店。
    幼いころから海外製品に囲まれ、英語に興味を持つ。
    中学校で、外国人とコミュニケーション可能な英語力を身につける。
    松山県立東高等学校卒業後、
    津田塾大英米文学科化コミュニケーション学部卒業。
    英語検定準1級、TOEIC850。
  • 株式会社リクルートに入社。
    現在、株式会社ミシェルの取締役。
    生まれ育った松山銀天街商店街組合理事も務める。
    趣味は読書、映画鑑賞、競技ダンス(JDSF現役A級選手)、
    海外旅行、ダイビング、クルージング