使える英語ワンフレーズ

英語で「このパンはお米でできている」はmade fromとmade ofどっち?

米粉パン

こんにちは!オンライン英会話教室SEKAImeの学習コーチKanaです!

今日は食事で使えるワンフレーズを考え方と一緒に紹介していきます。

Instagramでも「使える英語ワンフレーズ」シリーズを更新中✨
毎週月・木の朝7:00に投稿しているので是非フォローしてみてくださいね!

‪「このパンはお米でできています」は英語で?

米粉パンやおからパンなど、最近は様々な原材料でパンが作られていますよね!

アレルギー体質の方や、ダイエット中の方には特に気になる原材料の英語表現を今日はご紹介していきます。

まずは動詞を考える

SEKAImeのElly式メソッドではまずは動詞を考えます。

この文の動詞は「(~で)できています」ですね。

つまり「(~から)作られている」ということなので、動詞は「作る」になります。

動詞 = make(〜を作る)

今回は「〜される」という受け身の文章なので、「be動詞 + 動詞の過去分詞」の形にしてis madeになります。

主語を考える

今回は受け身(~される)の文章であるため、「make」されるモノが主語になります。

主語=  This bread

This bread is made from rice.

「このパンはお米から作られる」という受け身の文章をつくって、「This bread is made from rice.」が答えになります。

”made from” と ”made of”の違い

どちらも「~から作られている」という意味ですが、違いがあります。重要なポイントなので要チェック!

made from

”made from”は今日の問題のように、米からパンになる過程でその質が大きく変わっているようなときに使います。

例】Wine is made from grapes.(ワインはぶどうからできている。)

made of

”made of”は”The table is made of wood.”(そのテーブルは木製です。)のように、元々の素材がそのまま残っているときに使います。

例】My jacket is made of leather.(私のジャケットは革でできている。)

目で見て材料がわかるときは”of”、わからないときは”from”

まとめ

今日は「このパンはお米でできています」というフレーズを紹介しました!

曖昧な”made of”と”made from”の違いもしっかり理解して、使っていきましょうね。

ではでは、Have a good day!

英会話教室SEKAIme(セカイミー)
オンライン英会話教室SEKAIme(セカイミー)
オンライン英会話 SEKAIme(セカイミー)

SEKAIme(セカイミー)は、
『最速かつ最も簡単に英語を話すコツを手に入れる』ための
完全マンツーマンの オンライン英会話スクールです。

英語学習の最も効率的なアプローチ方法である
奇跡の英語習得法「Elly式メソッド」を活用し、
英語脳を短期間で習得することがでます!

世界初の英語対話力診断テストから
あなたに合った学習方法も提案します。

「言いたいことが言えない」
「英語塾に行ったけど話せるようにならなかった」
「どういう勉強をしたらいいかわからない」
そんな方々が受講しています。

開校より生徒満足度98%を維持。
「もっと早くセカイミーに出会いたかった」
との声が多いのも特徴です。

奇跡の英語習得法「Elly式メソッド」を
いますぐご体感ください。

まずは無料カウンセリング


RELATED POST